声掛けのパターンを明確にする

こんにちは、シュウジです!

全ての収入源を断ち切り、
スカウトマンとしての活動に
専念することにしたシュウジ…

気分はかなり晴れやかな感じです。

今まではあれをやらないと、
これもやらないと、と軸が定まらず
右往左往している感覚でした。

自分がなにがしたいのか?

自分はどうなりたいのか?

そんなことすらあやふやになっていて
なにをやっていても足場が定まらない感じ…

それが、

たったひとつ、スカウト活動に専念する!

と決めたことで自分の力を集中することができ、
気分もぶれないようになってきたんですね。

”なにかひとつのことにフォーカスする”

というのは物事をやるときに
意識しておいたほうがすっきりするし
自分の力を発揮しやすくなります。

いつも忘れないでいたいですね。

というわけで、名古屋の栄へと
スカウト活動に出撃してきました。

最近は本当に思うのですが、
ナンパする人が全然いなくなってきて
キャッチとかスカウトばっかになってます。

こんな状態だからこそ、
ナンパしたら入れ食い状態なのになー。

と思いつつ声掛けを開始。

声掛けの効率を良くするために、
僕は女の子を2つのパターンに分けて
スカウトをすることにしました。

そのパターンとは、

1:派手目なギャルとか僕の苦手なタイプには
スカウトしてますとすぐに明かしてお店を紹介する

2:僕と話があって彼女にしたいって思えるタイプには
スカウトの話を極力せずに長期的な関係を作っていく

この2つです。

女の子に声を掛けて、
どういう展開にもっていくか?

ただお店を紹介していくだけなのか、
仲良くなって信用してもらうのが先なのか、

このへんがあやふやで戸惑っていたんですが
この2つのパターンを決め打ちで行くことにします。

こうすることで、いざ女の子の前で
なにを話していいものかとまごつくことなく
目的を明確にして会話を進めることができます。

僕は強めなギャルが苦手なので
そんな緊張した状態のまま仲良くなる、
というのはかなり無理があります。

逆に自分が話していて気持ちがいい、
彼女にしたいような子だったら
むしろ純粋に仲良くなりたいものです。

その2つの線引きを明確にして
声掛けを続けていきます。

やるべきことが見えていたら、
結果にもつながっていくことでしょう。

うまくいったときには、
またここで報告させていただきますね!

【今日の結論】

”声掛けのパターンを決めておく。
そうすることで会話内容が明確になる。”

シュウジ

【ナンパ初心者向け最強のガチ教材!キャンペーン開催中!】

『ナンパの全てをPDF、音声、動画に収めた初心者にとって最強の教材』

ナンパ

特にナンパで地蔵になってしまいがちな方におすすめ!

現時点で、ナンパをしてみたいけどやったことがない方、初心者の方にとってこれ以上に楽しく実践でき、かつ再現性が高いマニュアルはありません。

ノウハウコレクターで400万円以上を使ってきた僕が唯一、
最初にこれを手に入れてたら・・・」と後悔までしてしまった教材です。

下記リンクから入手された方限定!教材のナンパ実践でゲット率を9倍加速させる僕のここだけのオリジナル3大特典をおつけします。
         ↓   ↓   ↓

【期間限定特典付】ナンパ初心者向け最強のガチ教材 

コメントを残す