美人を前にするとビビってしまう…

こんにちは、シュウジです!

ナンパをしてる人の中でよく聞くのが、

「あんまりタイプじゃない子と話すときは
緊張しないんだけど、キレイな子だと話せない」

というご意見です。

これは僕もすんごく分かります。

男という生き物は、なぜか
美人さんを前にすると緊張して
かっこつけちゃうんですよね。

その結果、会話もぎこちなくなって
なんかわざとらしい自分になってしまいます。

緊張してるのがバレバレですね笑

女性ってただでさえ感性がするどいので、
男が自信もってるとか緊張してるのが
身振りとか声のトーンで見抜くんですね。

そうなってくると、やっぱり
その子を口説くのは難しいです。

自信なさげでオドオドしていたら、

「この男には抱かれたくない…」

と本能で思ってしまうんです。

スカウトだったら、そんな男が声掛けしても
女の子は話を聞いてみようって思いません。

僕もギャルとか気の強そうな美人は
苦手でどうしても弱気になっていました。

そういう女性をどうやったら
落とせるんだろう、と悩んでいました。

でも最近、その問題を解決する
簡単な方法を見つけたんです。

それは、

”自分が苦手な女性とは話さない”

ということです。

最初から相手にしなくていいです。

「シュウジさん、苦手なタイプだからって
そんな逃げてたら解決しないんじゃないですか?」

と思われるかもしれませんが、
これでいいんです。

そもそも自分が苦手って思ってるのに
がんばって会話をしようとしても
自分が苦しいだけだって思います。

ナンパをするのは楽しいことなのに、
そんな苦行みたいなことをやってたら
ナンパ自体を嫌いになってしまいます。

どんな人でも、話してて楽しいって
思えるタイプの女性は存在するし、
なぜか気が合う人と出会うものです。

街を歩いてる女性を見かけて、

「お、なんかこの子話しやすそう」

って人を見かけるはずです。

その子だけに絞って、
声掛けをすればいいんです。

ずっとナンパしていたら、

「女性なんて、みんな大差ないんだな」

ということに気がつきます。

特別扱いしてるのは自分の中だけで、
かわいい子でもブサイクな子でも
みんな同じ女性だってことです。

それだったら、自分が話していて
楽しい子とだけ話せばいいんじゃないか?

と思うんです。

そうやって声掛けをしていって、
どんどん女性に慣れていくことで
苦手なタイプの女性とも話せるようになります。

ただ、女性に声を掛けて
会話を楽しもうとすること。

それだけで、特別になにかしなくても
成長している自分に気がつくときがきます。

【今日の結論】

”苦手なタイプと無理に話さなくてもいい。
自分と合って楽しい女の子とだけ会話しよう”

シュウジ

【ナンパ初心者向け最強のガチ教材!キャンペーン開催中!】

『ナンパの全てをPDF、音声、動画に収めた初心者にとって最強の教材』

ナンパ

特にナンパで地蔵になってしまいがちな方におすすめ!

現時点で、ナンパをしてみたいけどやったことがない方、初心者の方にとってこれ以上に楽しく実践でき、かつ再現性が高いマニュアルはありません。

ノウハウコレクターで400万円以上を使ってきた僕が唯一、
最初にこれを手に入れてたら・・・」と後悔までしてしまった教材です。

下記リンクから入手された方限定!教材のナンパ実践でゲット率を9倍加速させる僕のここだけのオリジナル3大特典をおつけします。
         ↓   ↓   ↓

【期間限定特典付】ナンパ初心者向け最強のガチ教材 

コメントを残す