ナンパで声掛けができるようになる突破口

こんにちは、シュウジです!

ナンパの声掛けがどうしてもできない…

そうして街をフラフラと徘徊しながら
自己嫌悪に陥る毎日を過ごしていました。

しかし、ある日ついに声掛けができるようになり
そんな苦しみから解放される日が来たんです。

なぜ僕が長い地蔵の日々から、
声掛けができるようになったのか?

それは、

”怒り”でした。

それは女の子に対するものとか、
社会や世の中に怒っているわけではありません。

”自分自身に対する怒り”です。

ナンパするぞ!っと決断して
街に出ても全然声掛けられない…

ちょうどその時期が真冬の時期だったので
くそ寒い路上に突っ立ってナンパをするのは
体力的にも精神的にも相当こたえます。

こんながんばって街に出てるのに、
なんで声掛けができないんだろう…

なんかだんだん腹が立ってきた。

ってかもう街歩き回るのも飽きたわ。

あー、めんどくせー!何やってんだオレは!

もういい!なんか適当に
声掛けすればいいんだろ?

やってやるよ!

そうして周りの目も気にせずに
1人の女の子に声を掛けました。

シュウジ「こんばんはー、今帰りですか?」

女の子「え、帰るとこです」

シュウジ「あ、そうなんですか」

と、ここまで言って女の子は
怪しげな顔をして去っていきました。

やった!声掛けできた!!!

声掛けして、しかも女の子が話してくれた!!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

路上で1人ガッツポーズを決めました。

っていうか、泣きそうでした。

声掛けがついにできた、
そんな自分が嬉しすぎて。

ついにナンパができた!!

前に進めた感動が怒涛のごとく押し寄せました。

そして、その勢いで調子に乗って
2人目、3人目にも声掛けできたんです。

番号交換なんかはできませんでした。

でも、声掛けができたというそれだけで
もう僕はものすごく満足していました。

声掛けができたのは、
勇気を出せたからとかじゃなくて
怒りのパワーだったと思います。

自己嫌悪から

怒りへ

声掛けできないイライラ感、
なにをやっているんだオレはっていう
空しさとか焦りとかそういう色々な感情。

それが自分自身への怒りとなって、
行動というエネルギーを生み出しました。

僕は思うんですが、声掛けができなくて
苦しんでいる人って実はそれでいいんじゃないかと。

今は、声掛けできねー!って葛藤して
自分と向き合ったり苦しむことが
ナンパの原動力になるんじゃないって。

だから声掛けができないって焦ることも、
それはそれでいいんだって思います。

そのときは確かに苦しいなって思いますが、
そのストレスが大きいほど声掛けできた時の
感動は何十倍にも大きくなるんです。

だから、あなたのペースでやっていいんです。

声掛けができないって自己嫌悪になったりする、
そんな人にメッセージを送りたいと思います。

自分のペースで、そのときを楽しもう!

【今日の結論】

”声掛けの突破口は怒りだったりすることもある。
自分のペースでそのときを楽しんでいればいい”

シュウジ

【ナンパ初心者向け最強のガチ教材!キャンペーン開催中!】

『ナンパの全てをPDF、音声、動画に収めた初心者にとって最強の教材』

ナンパ

特にナンパで地蔵になってしまいがちな方におすすめ!

現時点で、ナンパをしてみたいけどやったことがない方、初心者の方にとってこれ以上に楽しく実践でき、かつ再現性が高いマニュアルはありません。

ノウハウコレクターで400万円以上を使ってきた僕が唯一、
最初にこれを手に入れてたら・・・」と後悔までしてしまった教材です。

下記リンクから入手された方限定!教材のナンパ実践でゲット率を9倍加速させる僕のここだけのオリジナル3大特典をおつけします。
         ↓   ↓   ↓

【期間限定特典付】ナンパ初心者向け最強のガチ教材 

コメントを残す