絶対してはいけないこと

こんにちは、シュウジです。


どんな場所で出会おうとその出会いを

モノにし、美女を手に入れられます。


出会った人全てがあなたの

彼女候補であり、愛人候補です。


お金なんか使わなくても出会いは

いくらでも生み出せるのです。


ナンパさえすれば簡単なことです。


このようにとてもフリーダムなナンパですが、

数少ないタブーというものが存在します。


というわけで、今日のお話は


『ナンパで絶対してはいけないこと』


です。


僕は基本的にナンパというのは、

自由だしなんでもありだと思っています。


一発ギャグをかまそうが、適当な嘘を

つこうが、相手の女の子を楽しませて

楽しい時間を共有できればなんでもありです。


あなたが楽しいと思えるやり方なら、

どんどん試してみると面白いです。


なぜなら、そうやっていろいろ試していくと

自分のナンパスタイルが解ってくるからです。


「どうやって声掛けするのか?」


「どんなテンションで会話をするのか?」


「どんなキャラクターで女性と接するのか?」


いろんなことを楽しみながら試してみると

本当にいろいろなものが見えてきます。


実は、自分がやりたがっていたことや

楽しいと感じることまで解かってきます。


僕自身は、


『ナンパは最高の自己啓発』


だと思っています。


特に、いじめられっ子で死ぬほど内気な人ほど

(過去の僕のことですね)ナンパをすると

一気に新しい自分に変わることができます。


今まで思いっきり内側に向かっていた自分が

思いっきり外側に向かっているナンパをすれば

ギャップの大きさで奇跡が起こります。


「今まで自分は何をしていたのだろう…」


と自分のことが恥ずかしくなるくらい

変わっていく自分を実感できます。


人とのコミュニケーションを自由に

楽しめるようになれば、全てが

うまくいくようになります。


人とうまく調和して、会話を楽しくできれば

恋愛だけでなく、お金も入るようになります。


一ヶ月で8万円を稼げるようになる副業や

月収40万円の簡単ビジネスなどいろいろな裏技が

あるのですが、それはまた今後お話したいと思います。


今日はナンパのときにしてはいけない

数少ないタブーのお話です。


これはすごく忘れやすいことです。


ナンパのときはテンションが

上がりやすくなるので特に、です。

でもこれを忘れてしまったら、

ナンパどころではない重要なところです。


それは、


『女性にも用事がある』


ということです。


「彼氏と待ち合わせしてるから」


「友達と会うから」


と言われて、


「ああ、オレのナンパが下手だったから

適当な事言われて断られちゃったよ…」


とへこむ必要はないんです。


声掛けて無視されたとき、本当にその女性は

急ぎの用事があったのかもしれないのです。


あなた以外の、どれだけイケメンで金持ちで

すごい男がいたとしても、結果は同じです。


女性にガンシカされるのは

あなたが悪いんじゃないんです。


誰が声をかけても無理な女性はいるのです。


相手の女性のことを少し考える余裕があると、

すぐに解かることなのですが誰にだって

生活していくうえで予定や用事はあるのです。


相手の時間や暇であるかということを無視して

1人よがりに声掛けをして困らせるのはやめましょう。


ナンパも相手の女性を楽しませるという

ことができて、初めて笑顔を見せてくれたり

カフェに連れ出せたりというお返しがもらえます。


まず、相手に与えてから自分がその分

相手から受け取るというスタンスです。


自分のことばかり考えていても

ナンパは成功することはありません。


女性は本当に素晴らしい存在だと思います。


感謝の気持ちをもって、

楽しくナンパしたいものですね。


楽しく彼女をつくりたい方は⇒コチラ


シュウジ

【ナンパ初心者向け最強のガチ教材!キャンペーン開催中!】

『ナンパの全てをPDF、音声、動画に収めた初心者にとって最強の教材』

ナンパ

特にナンパで地蔵になってしまいがちな方におすすめ!

現時点で、ナンパをしてみたいけどやったことがない方、初心者の方にとってこれ以上に楽しく実践でき、かつ再現性が高いマニュアルはありません。

ノウハウコレクターで400万円以上を使ってきた僕が唯一、
最初にこれを手に入れてたら・・・」と後悔までしてしまった教材です。

下記リンクから入手された方限定!教材のナンパ実践でゲット率を9倍加速させる僕のここだけのオリジナル3大特典をおつけします。
         ↓   ↓   ↓

【期間限定特典付】ナンパ初心者向け最強のガチ教材 

コメントを残す