孤独のグルメに学ぶ男の美学

こんにちは、シュウジです!

”美学”と言う言葉があります。

どんなものを美しいと感じるか、
自分なりのこだわりを持つ男は
やっぱり女性にもモテます。

そして、男のダンディズムといえば、

漫画「孤独のグルメ」に答えがあります。

知らない人のために説明しますと、
雑貨輸入商を個人で営む独身貴族の
主人公が一人外食をするだけという漫画です。

ドラマにもなってしまうほど、
かなり人気のある名作ですね。

男のダンディズムあふれる名作:
http://shuji358.heteml.jp/zero/ksk/14/

この漫画、友達から教えてもらったんですが
かなりハマってしまいました。

本当に一人で食堂とか回転すしとか焼肉とか
普通のお店でご飯を食べるだけという内容ですが
セリフの一つ一つに男の美学が溢れています。

大人のダンディズムなセリフ例1:

回転寿司で一人で食べすぎてしまい、
お店を出てから一人煙草に火を付けながら、

「ラストの二枚、あれが効いたな」

このセリフは、ラストの〇〇の部分を
変えれば様々な場面で応用ができますね。

「ラストのチョコパフェ、あれが効いたな」

とかにすると大人のダンディズムどころか
一気にそこらへんのJKと化してしまうので要注意です。

大人のダンディズムなセリフ例2:

空腹状態で渋谷の街で仕事をした後に
食事をする店が見つからず思わず一言、

「俺がちょっと飯を入れていくような店ってもうないのか?」

ここのポイントは飯を入れるという表現ですね。
同僚を誘うときなんかに応用するとカッコよすぎです。

しかしここでも飯の部分をプリンとかの
スイーツにしてしまうとダサくなってしまいます。

「ちょっとプリン入れていかないか?」

大人のダンディズムなセリフ例3:

一人外食としてかなりレベルが高いと言われる、
焼肉を食べているときにテンションが上がってしまい、

「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」

うおォンて!どういうことやねん!!
っと思わず関西弁で突っ込みたくなりますね。

一人で焼肉自体妙なテンションになりがちですが
彼の場合もう行き着くところまでイッちゃってますね。

いくらなんでもテンション上げ過ぎです。

このように名言のオンパレードかつ
大人の寂しさとか自由さがにじみ出ていて
いろいろな意味で見逃せない漫画です。

一人で外食をする、ということに
少しばかり恥ずかしさを感じていた僕ですが
この孤独のグルメのおかげでふっ切れました。

むしろ一人でこそ外食を楽しめるのだ、
誰にも邪魔されない癒しの時間なのだ、と。

この漫画、実際に実在する店舗がモデルになっていて
そのお店にリアルに行ってみるというファンが多いそうです。

そのお店で漫画と同じものを注文して
大人の渋さを味わうのもいいですね。

女性は年上の男性の落ち着いた余裕や
包み込んでくれる優しさに惹かれるものです。

孤独のグルメでモテるための
大人の作法に触れてみましょう。

でも間違っても、

「腹もペコちゃんだし夜食でも食って一息つくか」

なんてオヤジギャグをかましてしまったら、
一気にモテからただのオヤジになるので気をつけましょう笑

【今日の結論】

”モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、
なんというか救われてなきゃあダメなんだ、
独り静かで豊かで…”

シュウジ

【ナンパ初心者向け最強のガチ教材!キャンペーン開催中!】

『ナンパの全てをPDF、音声、動画に収めた初心者にとって最強の教材』

ナンパ

特にナンパで地蔵になってしまいがちな方におすすめ!

現時点で、ナンパをしてみたいけどやったことがない方、初心者の方にとってこれ以上に楽しく実践でき、かつ再現性が高いマニュアルはありません。

ノウハウコレクターで400万円以上を使ってきた僕が唯一、
最初にこれを手に入れてたら・・・」と後悔までしてしまった教材です。

下記リンクから入手された方限定!教材のナンパ実践でゲット率を9倍加速させる僕のここだけのオリジナル3大特典をおつけします。
         ↓   ↓   ↓

【期間限定特典付】ナンパ初心者向け最強のガチ教材 

コメントを残す