”一生忘れられない男”になる

こんにちは、シュウジです。

女性を惚れさせる最短の方法、

それは感情を揺さぶることです。

そのためにチャレンジを与えて
退屈させない必要があるのですが
具体的にどうやればいいのか?

今回のお話しを聞くだけで
女性の感情を揺さぶるための
全てを理解することができます。

それだけでなく、
女性から「ホントいい人だね」と言われて
友達どまりで終わることが無くなります。

他の誰とも比べられなくなり、
特別な存在になることができます。

そのためのお話をしていこうと思います。

一つの例としてナンパなのですが
僕は女性に声を掛けるときに、

「久しぶり!」

と完全に初対面の女性に言いますし、

周りがちょっと身構えてしまうような
美女が目の前にいたとしたら、

「自分のこと自分でかわいいって思ってるでしょ」

なんて言って相手の反応を楽しみます。

全ては女性の感情を揺さぶるためです。

こんなことで女性の感情は
簡単に揺さぶられてしまいます。

感情というのはあいまいなもので
ジェットコースターのドキドキも、
恋愛のドキドキも区別がつきません。

「この人はほかの男とは違う…」

そう思わせることが何より大事です。

なので、他の99%の男が言いまくって
女性が飽き飽きしているようなこと、

「仕事なにしてるの?」

「いくつ~?」

「かわいいね~」

なんてことはいう必要はないのです。

相手が感情的になるようなことを話します。

だからといって、

「デブだね~」とか、

「不細工だね、人生やり直したほうがいいよ」

などとは言わなくて、

『あなたの魅力を感じさせて惚れさせる』

ようにもっていかなければいけません。

そのためには、”普通じゃない人”

ということを彼女に感じさせるのです。

「感情コミュニケーションってなに?」

と人から聞かれたら、

『その他大勢のヘタレと違うことをする』

ということなんです。

周りの目を気にせずに、非常識なことや
周りがハラハラすることをやってみたりします。

ただそんなことばかりやっていると
ただの変人か面白いヤツというだけで
終わってしまうことになります。

なので、男として女性のリスクを
背負ってあげることが大事です。

大事なところでは自分が率先してやる、

なにかあったらすぐに駆けつける、

仕事が一番だとしっかりがんばる、

そんな男らしさを失ってしまうと
意味がなくなるので気を付けてください。

ちなみにさきほど、僕は女性に

「自分で自分のことかわいいと思ってるでしょ」

と言うと書きましたが、こんな台詞を
口に出すのははっきり言って怖いです。

こんなことを口に出すとたいていの
女性は怒ったり不機嫌になるからです。

でもひとつ考えてほしいのですが、
なんでそう言われると怒るのか?です。

それは、自分でそう思っているから
その素の感情を指摘されて怒るのです。

自分で自分のことをかわいいと
思っていなければなんとも思いません。

「え、なにいってるの??」

で終わってしまいます。

本当のことを言われると怒る、
とよく言われると思います。

感情は素の部分ですから、
自分でかわいいと思っている
素を指摘されたからそうなります。

人は隠している部分を指摘されると
感情的になり、興奮するのです。

相手が女性なら、その時点で
あなたに性的魅力を感じます。

特に美女であればあるほど誰も
そんなことを言わないので効きます。

美女になればなるほど心に突き刺さる
台詞を少し紹介すると…

「強がってるけど、実は寂しがりやだね」

「自分にウソついて無理してない?」

「なんでそんなに人におびえてるの?」

これらの台詞は美女であればあるほど
心当たりがあるので抜群に効果があります。

誰もこういう本音の部分を言ってくれないからです。

美女は、自分が美人だという仮面を
かぶり続けてそのイメージを崩さないよう
毎日必死でがんばって疲れています。

でも彼女たちも、

「誰も本当の私を理解してくれない…」

「私を受け止めてくれる人なんていない…」

「寂しいよ、誰か甘えさせてよ…」

そう苦しんでいるのです。

それをあなたは理解してあげてください。

感情コミュニケーションの極意とは、

『女性を怖がらないこと』です。

美女だって弱いし自分と同じように
毎日悩みを抱えていたり退屈だし
辛い毎日を過ごしているのです。

あなたにはそんな女性を救ってあげる
スキルを持っているのです。

どうか女性を怖がることなく、
ありのままの彼女たちを
見つけてあげてください。

一見強そうで悩みなんてない
彼女たちの中の小さな少女を
そっと守ってあげてください。

それが彼女にとっての
”一生忘れられない男”です。

シュウジ