声掛けの反応が通常の100倍良くなる女性の属性とは?

 

こんにちは、シュウジです。

 

ナンパをしていて気付いたことがあったので

あなたにシェアしたいと思います。

 

即日女の子をゲットしたい!っていうのは

ナンパをしていたら誰もが目指すところだと思います。

 

ナンパに限らず、出会い系とか

合コン、お見合いパーティなどなど、

出会いの場全般に対して言えます。 

 

要は男ってのは女性と出会ったら基本的に

”すぐにヤリたい”と自然に思うもんです。

 

僕ももちろんそうです。

 

ナンパをしているときは、

 

「どうやったら今日中にホテルに連れこんで

女の子とエロいことができるかなあ、ぐへへ」

 

とそんなことばかり考えながらナンパしてました笑

 

でもそんなことを考えながらナンパしたら

女性にがっついてるのが表情とかセリフとか

あらゆる部分でサインとなって出てしまいます。

 

結果、番号すらゲットできずに

一日街をほっつき歩いて疲れはてて

 

「やっぱナンパは難しいわー」

 

とかわけのわからないことをほざいていました。

 

そんな下心丸出しじゃうまくいくはずもありません。

 

ですが、

 

今回のお話しはそのうまくいくはずがないことが

うまくいってしまうという裏技のようなお話です。

 

これでいつもだったらどんなにがんばって

声掛けをしてヒイヒイ必死に口説いても

全然反応がない氷のような女性でも、

 

「今日は1人になりたくないの…」

 

とあなたにしなだれかかってきて

そのままホテルにチェックインとなります。

 

どういうことかというと、

”とある属性の女性”をナンパするだけです。

 

どんな子なのか、あなたは分かりますか?

 

それは…

 

『旅行中の女性』です。

 

地元を離れて旅行をしていたり出張中だったりと

非日常の中にいる女の子を狙うんです。

 

なんせ相手は旅行気分、知り合いに出会う心配もないし

ちょっとくらいハメ外してハメてもいいかな?

と思ってしまうものなんです(ハメハメ言い過ぎ?笑)

 

今日博多でナンパをしていたんですが

スーツケースを引っ張っているギャルがいました。

 

そこで早速声を掛けてみました。

 

こんな会話をしました。

 

シュウジ「旅行中?ずいぶん荷物重そうだね。手伝おうか笑」

 

ギャル「そんな重くないし笑」

 

シュウジ「いやー、夜逃げかと思ったよ笑どっから来たん?」

 

ギャル「笑 大阪ー!もう帰るんやけどね」

 

シュウジ「帰るところかい!笑んじゃまた福岡来たときあったら

   地元民しか知らない秘密のラーメン屋連れてったる!」

 

ギャル「マジですかー笑福岡のラーメン美味しいですよねー」

 

シュウジ「そそ笑んじゃそのときのために連絡先交換しとこっか!

   ラインやってるでしょ?IDおせーて」

 

ギャル「いいですよー、いつ来るか分からへんけど笑」

 

という流れでラインを交換しました。

 

出会って一分くらいの出来事ですね笑

 

話してて思うのは、旅行中とか出張の時って

日頃は持ってる警戒心が無くなっちゃってるんですね。

 

なので、連絡先を交換するのは楽勝だし

相手は旅行中でホテルをとっています。

 

ってことは、声掛けして連れ出せたら

そのままホテルになだれ込むことも

流れで自然に行けるってことです。

 

僕が初めてナンパで女の子を

即日ゲットしたことを思い出しました。

 

それは、千葉でナンパをしていた時で

相手は新潟からの出張の女の子でした。

 

その時は、ホテルの場所が分からなくて困ってる子を

道案内してあげて、そのホテルの一回がカラオケだったので

カラオケ行って終わってからそのまま部屋になだれこんだんです笑

 

ちゃんと道案内をしてあげたのが功を奏したんですね。

 

うーん、まさにナンパは人助けです!

 

困ってる人を助けてあげたら、

自然にお礼が返ってくるもんです。

 

退屈な日常を過ごしている女の子に

声を掛けてあげて刺激をプレゼントしたら

番号、あるいはセックスというお礼が返ってきます。

 

ナンパってそういう世の中の自然の摂理を

学ぶ場でもあったんですね…ステキ…

 

というわけで、今日のお話しは

 

『旅行中の女の子がいたら声掛けしてみよう!』

 

無視されることもほとんどないし、

旅行中の女の子は積極的になっています。

 

これは海外旅行とかでも応用できますね。

 

海外だったら、

 

「日本人ですかー?」

 

って聞くだけですから笑

 

日本人だったらもちろん無視しないし、

同じ日本人という大きな共通点があるので

一緒に観光しよう!とか盛り上がれるんです。

 

こういうちょっとした知識があって

ちょっと行動するだけで思いがけない

オイシイことになったりしますよ!

 

突然のオイシイ思いをしたい人は

下記をこっそりクリック!

 

こんな美人でもあっさりゲットできます:

movie

 

それではまた!^^

 

シュウジ

 

彼女を作る最短の道とは?

 

こんにちは、シュウジです。

 

最短の道で彼女を作る方法をお話します。

 

その前に1つ質問したいのですが、

 

”自分がやりたいことはなんなのか”

 

って考えたことありますか?

 

実はこれ、彼女を作るということに

直結する重要なキーワードなんです。

 

『自分のことを知る』

 

これはとても大事なことで、

そもそも自分のことを知らないと

なにがしたいのか分からなくなります。

 

船乗りでいうと、だだっぴろい海のど真ん中を

海路図も無しにフラフラとただ進んでいるような

いつまでたってもゴールの見えない航海と同じです。

 

もしあなたが最高の彼女を作りたい、

という気持ちが少しでもあるのなら

自分の事を知ろうとすることは意味深いです。

 

僕も自分のやりたいことってなんだろう?

と考えてみたんですが、出てきた答えは

 

”ナンパ”でした。

 

なぜナンパなのか?

 

それは、

僕にとっての一番のコンプレックスが『女』だからです。

 

女性に対する漠然とした恐れや不安が

根底にある自信をゆらがせてしまうんです。

 

元々、僕はいじめられっこでした。

 

そのせいで学生時代はずっと家で

ゲームとアニメばかりのオタクでした。

 

段々と人の目が気になり出して対人恐怖症となり

女性はおろか男友達すら作れない、寂しい毎日…

 

昼食の時間になると一緒に食べる友達がいないので

トイレに閉じこもって”便所飯”をしていました。

 

ひきこもりの1人ぼっち…

 

これはホントに寂しい気持ちになります。

 

周りが楽しそうにしているのをみると

親の仇のような憎しみを感じてしまい

それでまた自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

こんな僕にも好きな子はいたんですが、

当然いじめられっこなんて相手にもされずに

 

「オレなんて誰にも必要とされないんだ…」

 

と全て諦めていてなにもかも放棄状態でした。

 

恋愛をするということすら怖かったです。

 

こんな地獄の底辺のような状態だった僕が

恋愛に自信を取り戻すきっかけになったのが、

大学の時の先輩とした”ナンパ”でした。

 

僕にできた唯一の友人であり先輩でもあったその男に、

最初は罰ゲームで、あの子に声を掛けてこい!

とそそのかされて女性に声を掛けたのが全ての始まりです。

 

初めて女性に声を掛けたときは、

心臓がドキドキしすぎて爆発しそうでした。

 

目の前に一人で歩いているかわいい女の子がいる!

 

よ、よし、声を掛けるぞ…

 

ドキドキ

 

ドキドキ

 

ドキドキ…

 

あー、めっちゃ緊張する!

 

でも先輩の手前、途中で止めるわけにもいかん。

 

 

えーい、いったれ!

 

シュウジ「あ、今日はどこいくんですかー?」

 

 

おおおお!声を掛けてやったぜー!!

 

とドキドキと感動の真っただ中にいるとき、

 

女の子「もう帰るところです」

 

!!!

 

は、反応してくれたー!女の子が!!

めっちゃ嬉しいやーん!!

 

恐らく僕の顔は緊張と反応があった喜びで

かなりひきつった顔をしていたことでしょう。

 

結局その子は不思議そうな顔をして

離れていってしまいました。

 

でもそれでいいんです。

 

僕はこれだけで死ぬほど満足していました。

 

それで先輩のところに戻って、

 

いやーダメだったよー、

って報告しに行ったら先輩が、

 

「やるやん、この調子なら彼女もすぐできそうやな!」

 

と笑顔で言ってくれました。

 

その言葉を聞いて、すごく嬉しくて、

泣きそうになったことを覚えています。

 

この時の僕といえば、ひきこもりの童貞です。

 

対人恐怖症で、ナンパなんてできるわけない、

そう思っていた僕だったのですが、行動できました。

 

こんな僕でもナンパはできるんだな…

 

と自分の中で少しの自信が生まれた瞬間でした。

 

先輩から言われて、逃げることができなかった、

というのも声掛けできた大きな要因です。

 

僕はナンパをしていていつも思うんですが、

 

”声掛けさえできれば出会いは生み放題”

 

だということです。

 

確かに最初に声を掛けるのはすごく勇気がいります。

 

怖いです。

 

無視もされます。

 

ひざがガクガク震えてしまいます。

 

だけど、その怖さに打ち勝って

女性に声を掛けることができたときに

ものすごい大きなリターンが返ってきます。

 

声掛けさえできれば、

 

巨乳のエロいギャルでも

モデルのような清楚な美女でも

メイド服の似合うツインテールの美少女でも

 

誰でも付き合えるし、セックスもできます。

 

最初は声掛けするだけで命がけだった僕でも

今ではどんな女性にでも自由に気楽に声掛けできます。

 

ナンパで彼女を作るなんて簡単なことなんです。

 

僕がしたいことはナンパですが

その先にある目的はなにかというと、

 

”なにがあってもゆるがない自信のある男”

 

になるということです。

 

そのために、最大のコンプレックスだった

女性を相手にナンパをするわけです。

 

「ナンパで生涯たった1人の運命の女性と出会う」

 

それができると本気で信じています。

 

傍から見るとバカらしいことかもしれません。

 

でも、僕はこれがやりたいことなので

自信をもってナンパをしていきます。

 

自分が楽しい、と思えることだけをやります。

 

人生ってフラフラしてたら気が付くと

病院のベッドの上で死ぬ間際の状態だった、

なんてことになりかねません。

 

やりたいと思ったことがあったら

誰にも遠慮することはありません。

 

堂々とかましてやりましょう^^

 

それがナンパだって、全然いいんです。

むしろめっちゃ楽しいです笑

 

あなたに伝えたいことはただ1つ、

 

「正しいやり方と知識があれば最高の彼女は作れる!」

 

いきなり段階飛ばしでモデルの女性を落とせるか?

といったらそれはできません^^;

 

ですが、

 

ちゃんと段階をふんでステップアップすることで

絶対にあなたの理想の彼女を作ることができます。

 

そのための正しいやり方と彼女を作るための

知識は僕が全部あなたにお届けしていきます。

 

なのでご安心ください。

 

今、たとえ

 

女性と何を話していいのか分からない、

 

全然自信がなくて不安でしょうがない…

 

という状態だったとしても大丈夫です。

 

僕がそんな男だったんですから笑

 

焦る必要はないんです。

 

一歩ずつ、前に進んでいけたらいいんです。

 

僕もまだまだハンパものです。

 

こうやってあなたになにかを伝えることは

僕にとってのアウトプットにもなります。

 

あなたもなにか僕に聞いてみたいことや

ご感想などありましたら、お気軽に

メッセージをくれると嬉しいです。

 

アウトプットすることによって

自分を知ることにもつながるし

結果が出るのが何十倍も速くなります。

 

メールの送り先はコチラ:

zerobenjyo@gmail.com

 

それでは、また!

 

シュウジ

 

楽しくなけりゃ、ナンパじゃない!

 

こんにちは、シュウジです。

 

最近仕事が忙しかったのですが、

今日はひさしぶりにナンパをしてきました。

 

仕事が休みだったっていうのもあるし、

やっぱりナンパしてええええええええ!

 

という気持ちが抑えられなくなってきたので

出撃してきました。

 

場所は福岡、天神!

 

天気が曇りで雨が降りそうな勢いだったんですが

さっそく駅付近からナンパを開始しました。

 

僕は基本、1人でナンパをしています。

 

1人だと誰にも気を使うこともなく

自由にやれるから気楽なんです。

 

そのぶん、女の子に「うざい」とか言われたら

へこみまくって帰りたくもなります笑

 

でも、ナンパって不思議です。

 

「ナンパするぜ!」って決めて

お気に入りの服に着替えて家を出る、

その瞬間にすごくテンションが高くなります。

 

日常では味わえないような自分が何者かになれる、

そんな昂揚感を感じるのです(おおげさ!)

 

これって僕だけですかね?笑

 

とにかくアドレナリンが出てきていい感じ!

 

というわけでさっそく声掛けをしようと

女の子を見渡してみます。

 

それにしても、福岡は美人が多い!

 

関東を中心にいろいろな街に行きましたが、

福岡のレベルの高さは日本一じゃないかと思います。

 

もう女の子を見ているだけで楽しくなってくるっていう笑

 

で、いざ声掛けって時ですが、

 

 

ああ、出たよ…

 

目の前の女性に声を掛けたくてもかけられない地蔵くんが…

 

ひさしぶりとはいえ、ナンパの初期段階ではいつもそう。

 

これって僕だけじゃないと思うんですが、

 

その日初めて声を掛ける最初の女性、

その声掛けが一番ハードル高いです。

 

声掛けようってした瞬間、目の前の女の子との間に

見えない壁が現れてその空間に立ち入れなくなる感覚…

 

自分がすごく変なことをしていて、周りの人達が

ナンパを見ていてバカにしているんじゃないか?

 

という気がしてきてしまうんです。

 

「あいつナンパしてるよ。無視されてるし、ださいな笑」

 

とか思われてるんじゃないかって、不安になります。

 

この壁を突破するにはどうするか?

 

僕がいつもしている方法は、

 

『誰でもいいので5人の女性に挨拶をする』

 

というものです。

 

このアイドリングをするのが絶対必要!

 

とりあえずナンパをするための準備運動ですね。

 

街を歩きながら、かわいくない子であっても

とりあえず「お疲れ様ですー」と小さい声で言ってみる。

 

その声を徐々に大きくしていって、

見知らぬ人に話しかける準備をするんですね。

 

これを5人にやったら、もう声掛けをすることに

抵抗が無くなって普通にナンパできるようになります。

 

とはいっても、ギャルとかめっちゃ美人を前にすると

やっぱりビビってしまう僕がいるんですが笑

 

もしあなたがナンパのときにどうしても声掛けができない!

と思っているのならこの方法を試してみてください。

 

地蔵になってしまって街をただうろつく、なんて

時間が無くなって効率よくナンパできるようになります。

 

で、この日はけっこう声掛けはできたのですが

番号交換までには結局至りませんでした笑

 

ナンパはやっぱり奥が深いぜ…

 

でも楽しかったからいいや!

 

というわけでこれからもナンパを続けていきます。

 

ナンパは、

 

「声をかけなきゃ、番号交換しなきゃ…」

 

と自分を追いつめてやるもんじゃありません。

 

楽しく、やりたいからこそやるし

結果は出ようが出まいが関係ない!

 

そういうラフな気持ちでやっていきましょう。

 

そうじゃないと続かないし、ナンパ自体が

楽しくなくなっちゃいますからね笑

 

ってなわけで、またナンパしたときに

面白いことがあったらご報告しますねー。

 

それでは、また!

 

シュウジ